スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【視点】資金依存、脱却を 国民新(産経新聞)

 全国の郵便局長らが国民新党を支援する理由はもちろん、郵政民営化の「時計」を“逆戻り”させるためだ。旧特定郵便局長が会員の旧「全国特定郵便局長会」は、長らく自民党と蜜月関係にあった。特定郵便局長は国家公務員だったため、表立った政治活動はできず、代わりにOBや家族らで構成する自民党の職域支部「大樹」が、大票田として存在感を示してきた。

 平成15年には、政治団体「大樹全国連絡協議会」(17年に「大樹全国会議」へ改称)を設立し、主に自民党側に献金していた。だが17年10月、小泉政権下で郵政民営化関連法が成立すると、大樹の会員の大半が、新設された「国民新党憲友会」に移籍した。

 19年10月には日本郵政グループが発足。民営化で郵便局長は民間企業の社員となり、20年2月、大樹全国会議を「郵政政策研究会」に改称し、現役局長も会員の政治団体に衣替えした。

 郵政民営化に反対する議員で組織され、民営化見直しを「1丁目1番地」とする国民新党が、郵政改革法案の可決を目指すのは当然だろう。しかし、巨額の資金提供を受けた上で法案審議を進め、政権離脱までちらつかせて早期成立にこぎ着けようとした背景にあるのは、過疎地の金融サービス充実などの理念ではなく、郵政票目当ての選挙対策でしかないようにも映る。

 連立政権の中で、民主党が主張する外国人参政権や夫婦別姓に反対の声を上げるなど、国民新党が一定の存在感を示しているのは確かだ。だが、政党交付金という国民の税金を受領している公党としては、特定勢力の「丸抱え」の印象を、一般の有権者に持たれぬよう襟を正し、過度な資金依存は改めるべきだろう。(調査報道班)

                   ◇

【用語解説】全国郵便局長会

 全国の郵便局長でつくる任意団体。昭和28年に旧特定郵便局長が設立した全国特定郵便局長会が、郵政民営化により普通局と特定局の区別が消えたことから、平成19年10月に全国郵便局長会に名称を改めた。「全特」の通称で知られたことから、改称後も「全特」の呼称は残した。

原子力利用など議論=APEC会合で―直嶋経産相(時事通信)
あなたの1時間はいくら? 肉食系と草食系で違い(Business Media 誠)
証拠隠滅図る?本格調査直前に通帳裁断 阪大院研究室の不正経理疑惑(産経新聞)
「タクる」と無賃乗車繰り返す 「スリル感がたまらない」少年ら逮捕 警視庁(産経新聞)
<宇宙ステーション>16年以降も参加継続へ 文科省部会(毎日新聞)

荒井戦略相 事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」(毎日新聞)

 菅直人首相は9日夜、荒井聡国家戦略担当相の事務所費問題について、「弁護士など専門家も含めた党の調査で、問題なしという結果が出たと聞いている。一つの結論が出たのではないか」と述べ、進退問題には発展しないとの認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連ニュース】
菅内閣:幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題
菅政権:「荒井戦略相」の対応に追われる
荒井戦略相:知人宅を「主たる事務所」に 家賃払わず
菅首相:郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認
菅内閣:消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務

玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)
<口蹄疫>「自衛しかない」 都城、県境「早く封じ込めを」(毎日新聞)
<カネミ油症>被害者救済法制定求め市民集会 東京・霞が関(毎日新聞)
<豊島>産廃問題、忘れさせない 公害調停10年で植樹や集会(毎日新聞)
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む(産経新聞)

両陛下 迎賓館を視察 皇太子さまや秋篠宮ご一家も同行(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は30日、東京都港区の迎賓館赤坂離宮を訪れた。06年から約3年間の大規模改修工事が終わり、昨年4月から賓客の接待を再開したことを受け、視察した。皇太子さま、秋篠宮ご一家も同行。皇太子妃雅子さまと長女愛子さまも途中から合流した。

 両陛下や皇太子さまらは「朝日の間」「花鳥の間」などを一緒に見学。両陛下はその後、赤坂御用地の秋篠宮邸に移り、皇太子ご一家、秋篠宮ご一家と昼食をともにした。

ゴーストライターは貧乏? いま原稿料を明らかに(Business Media 誠)
梅若小児童が梅の実を収穫 墨田区(産経新聞)
邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬(スポーツ報知)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)
皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)

<八街放火殺人>中村さんの背中に刺し傷 致命傷の可能性(毎日新聞)

 千葉県八街市の農業、中村行夫さん(76)の自宅が放火され、中村さんの遺体が見つかった殺人・放火事件で、背中の上部中央の刺し傷が致命傷となった可能性が高いことが捜査関係者への取材で分かった。県警佐倉署捜査本部は、行夫さんが背中をひと突きされ殺害された後あおむけに寝かされ、上から油をまかれ放火されたと見て、13日に司法解剖し、詳しい死因を調べる。

 捜査本部などによると、中村さん宅は11日午後2時半ごろ出火し、行夫さんは1階西側の6畳間であおむけの状態で発見された。

 捜査関係者によると遺体の前面は焼け方がひどかったが、畳に接する背中はほとんど焼けておらず、油成分は背中の周辺から検出されたという。目立った外傷は背中の刺し傷だけという。捜査本部は現場の実況見分も続けている。【中川聡子、駒木智一】

校庭バスケ「うるせえ」、車で追い回し高校生2人暴行 傷害容疑で会社員逮捕(産経新聞)
<囲碁>本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団(医療介護CBニュース)

徳之島3町長に理解求める=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊の一部移転を想定している鹿児島県・徳之島の3町長と7日に会談することに関し、「沖縄の近くに所在する(島の)皆さんに迷惑を掛けることを理解いただけるよう努力したい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)
卒煙塾塾長に俳優の舘ひろしさん=かつてヘビースモーカー−神奈川(時事通信)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
吹上御苑で自然観察会=皇居(時事通信)

<JAXA>白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子飛行士(39)の帰還を受け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は米東部時間20日午後(日本時間21日未明)、ケネディ宇宙センターで会見し、山崎さんの活躍をねぎらった。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

 今回の日本側責任者を務めた白木邦明理事は「無事着陸でき、大変うれしい。11年待ってようやく搭乗できた山崎さんは、国際宇宙ステーション(ISS)への補給、ロボットアーム操作などの任務を立派にこなし誇りに思う」と総括した。着陸直後、滑走路で対面した山崎さんの様子を「重力で血液が(下半身に)下がっているためか、顔色が白く見えた。しかし話し方も足取りもしっかりしていた」と語った。

 シャトルは残り3回の打ち上げで退役し、それ以後はロシアのソユーズ宇宙船がISSに人を運ぶ唯一の輸送手段となる。白木理事はロシアにJAXAの事務所を設置する検討を始めたことを明らかにした。

【関連ニュース】
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

普天間の危険性除去を…県民大会で仲井真知事(読売新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
<南島原市長選>藤原氏が現職ら破り初当選 長崎(毎日新聞)
就学前の交流奨励 小1プロブレムで都教委(産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)

座いす、阪和道に投げ込み 車接触けが人なし(産経新聞)

 21日午前3時ごろ、大阪府貝塚市馬場の阪和自動車道で、乗用車を運転していた兵庫県川西市の男性(45)がドンという音を聞き、緊急停車。路上に座いすが落ちており、乗用車のドアミラーが外れていた。男性や同乗者2人にけがはなかった。現場の真上には歩道橋があり、何者かが乗用車を狙って座いすを投げ込んだ可能性もあるとして、貝塚署は器物損壊容疑で調べている。

 貝塚署によると、座いすは長さ90センチ、幅45センチ。歩道橋付近では約30分前、「阪和自動車道に花火が投げ込まれている」などという110番通報が3件相次ぎ、歩道橋に花火の袋やたばこの吸い殻が残されていたという。

【関連記事】
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕
話題のMOSDO!1号店、もみじまんじゅう風ドーナッツも
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ
強風で線路に布団や洗濯物が落下、計約1万9200人に影響 JR阪和線と関西線
遮断棒折れ、2.5万人影響 JR阪和線
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)
17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線−日航・全日空(時事通信)
ニュージーランド人教師交流 日本語熱冷める 予算削減、最後の研修?(産経新聞)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)

民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は16日、松山市で記者会見し、夏の参院選で全国に29ある改選定数1の1人区について、「全体で(民主党単独で)過半数を取るためには、1人区でまずは過半数を目指さなければいけない」と述べ、1人区での「15勝」以上を目標に掲げた。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、鳩山首相が目指す5月末の決着が出来なかった場合、首相の退陣を求める声があることについては、「選挙と関係ない。後日(話す)」と言及を避けた。

東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)

診療所の病床、1年間で6000床減−1月末概数(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月9日に発表した「医療施設動態調査(2010年1月末概数)」によると、全国の診療所(19床以下)の施設数は9万9592施設で、前月から 51施設減った。診療所の病床数は14万 255床で、前月比 518床減少した。前年同月の14万6271と比べると6016床(4.1%)減った。

 診療所は前月比で、入院施設がある有床診療所が 49施設、無床診療所が2施設減少した。診療所全体の施設数は2か月連続での減少だが、前年同月(9万9497施設)からは95施設の増。

■病院の病床は8859床の減
 また、病院は8724施設で前月から4施設の減。歯科診療所は、前月と同じ6万8155施設だった。病院は、前年同月から59施設減った。

 病院の一般病床は90万5 951床で、前月から150床減少した。療養病床も 83床減り、33万5506床になった。病院全体の病床数は160万90床で、297床減った。前年同月の160万8949床からは8859床(0.6%)の減。


【関連記事】
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告
診療所が11か月ぶりに減少−12月末概数
病院の療養病床、12か月連続で減少
病院病床の再編が最大の課題―厚労省審議官
「小児科」医療機関、病院・診療所とも減少−医療施設調査

ドラッグストアに強盗 70万円奪う 大阪(産経新聞)
超小型衛星 11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台−JR東(時事通信)
新党「たちあがれ日本」旗揚げ 民主打倒/日本復活/政界再編(産経新聞)
「お金を出してください…。強盗です…」気弱すぎる36歳男、自ら警察に出頭(スポーツ報知)

平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)

 自民党参院議員の藤井孝男元運輸相は8日午前、無所属の平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党「たちあがれ日本」に参加するため、離党届を提出した。10日発足の新党参加メンバーのうち与謝野馨元財務相、園田博之元幹事長代理、中川義雄参院議員は自民党に離党届を提出済みで、昨年の自民党の野党転落後の離党者は10人となった。

 5人は8日午後に会談し、新党の理念や主要政策を最終的に擦り合わせる。

 藤井氏は昭和56年、参院岐阜補選で初当選し、平成5年に衆院にくら替え。小泉政権の郵政民営化に反対し、17年の衆院選に無所属で出馬し落選。19年の参院選で当選し復党した。

【関連記事】
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?
「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」

<火災>深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区(毎日新聞)
傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
【明日へのフォーカス】論説副委員長・高畑昭男 核軍縮のマジックと中国(産経新聞)
国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
ネイルサロン
クレジットカード現金化
ブラック キャッシング OK
ショッピング枠現金化
即日現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM